歯は健康の土台です

0

    メタボリックと歯周病の意外な関係

    メタボリック症候群は肥満、高血糖、高血圧などの危険因子が重なった状態のことをいいます。これらの状態が重なると「脳卒中」「心筋梗塞」「糖尿病」になる確率が高くなります。そして、メタボリック症候群の人の多くが、歯周病にかかっていることが最近の研究でわかってきました。特に、糖尿病(高血糖)、肥満の方には歯周病の方が多く、重症化する傾向があります。
    その一方で、歯周病を適切に治療することで糖尿病の改善がみられることもわかってきました。そのため、歯周病と糖尿病の間には双方向の関係があるのではないかと注目を集めています。
    そして、何よりもメタボリック症候群に深く関係しているのは食生活です。バランスのとれた食事を摂るためには自分の歯でしっかりと噛んで食事をすること、それを支えるのが「歯の健康」なのです。



    歯周病とは

    歯周病は歯を支える土台の病気です。歯肉や歯槽骨などの歯を支える土台を「歯周組織」と言いますが、これらの組織が破壊されてしまう病気を歯周病といいます。最初は歯肉が炎症を起こす歯周炎から軽度の歯周炎に進み、最後は歯がぐらぐらになって抜けてしまう重度歯周炎へと進行します。
    歯周病の原因は様々ですが、喫煙は歯周病に大きな関係があり、喫煙する人はしない人に比べて歯周病にかかりやすいことがわかっています。喫煙は歯周病の他にもガン・心疾患・高血圧などと深く関連しています。喫煙されている方には禁煙をおすすめします。
    そして大事なのは毎日の歯磨きです。また、歯周病は自分が気が付いた時には、そこまでなるのに何年もの時間が経過していることがほとんどです。ですから、定期的に歯科で検診を受けることは歯周病予防に最も効果的な方法であると言えます。

    噛むことの大切さ

    今すぐ始められて、時間とお金をかけずにできる肥満予防法をご存知ですか?それは『よく噛んで食べる事』です。
    しっかりよく噛んで食べる事は早食いを防止し、唾液の分泌を促し満腹感も得られやすくなるため食べ過ぎを防ぎます。また、よく噛むことで視床下部からホルモンが分泌され、食欲を抑制します。
    よく噛む目安は一口三十回と言われていますが、実際にやってみるとかなり大変な回数です。いままでほとんど噛んでいなかった人は一口食べたらいままでより五回多く噛むことから始めてみましょう。
    健康のために食べ物に気をつかう人はたくさんいますが、食べ物は「口」から食べるものであり、肥満や生活習慣病も「早食い」「丸のみ」などの食べ方が大きく関与しています。 よく噛んで食べる習慣を身につけることは肥満の解消や予防、ひいては生活習慣病の予防にもつながります。
    また、肥満防止の他にもよく噛むことによって唾液の分泌がよくなります。唾液は食べ物の消化を助け、口腔内を清潔にする働きがあります。そして噛む刺激が大脳の働きを活性化します。よく噛むことはあごの発達を促し、さらによく噛める土台を作ることにもつながります。

    健康で長生きをするために

    よく噛むことを実践するためには、自分の歯で何でも噛めるようにしておくことが大切です。そのためには歯を失う原因となるむし歯や歯周病の予防・治療を心がけ、お口の健康を保つことが必要不可欠です。大人の虫歯は毎日のこまめなケアと定期的な健診で予防することが可能です。いつまでも健康で美味しくご飯を食べられるよう、自分の歯を大切にしたいですね。


    どうやって息をしていますか?〜口呼吸と鼻呼吸

    0

      口呼吸とは?

      呼吸には口で行う「口呼吸」と鼻で行う「鼻呼吸」があります。もともと動物は鼻で行う「鼻呼吸」をするのが自然な形で、「口呼吸」も出来る人間の方が珍しいのです。現在、日本人の大半が鼻ではなく口呼吸をしていると言われています。しかし、この口呼吸は身体によいものではありません。今回は口呼吸の弊害について特集します。

      鼻呼吸と口呼吸の違い


      【鼻呼吸】
      鼻は空気をきれいにする働きをもっています。鼻から吸い込んだ空気は、鼻腔を通る間に鼻毛や粘膜などによって、異物が除去されます。また、鼻腔の中で空気が適度に温まり、加湿されて肺に送られます。そうすると酸素は肺から血管に取り込まれやすくなります。

      【口呼吸】
      鼻と違って、口はもともとは呼吸をするための器官ではありません。そのため、口から入った空気はそのままのどの粘膜や気管をとおり身体のなかへ入っていってしまいます。そのため、細菌やウイルスが直接侵入し、感染症などにかかりやすくなります。また、冷たい空気が入ってくるので口の中や気管が乾燥し、のどに炎症や痛みが起りやすくなります。

      口呼吸はなぜだめなの?

      ・風邪を引きやすくなる
      先ほど説明したとおり、鼻のようにフィルターがないため、空気中の雑菌やウイルスが直接入ってくることが多くなり、風邪などの感染症にかかりやすくなります。

      ・虫歯や歯周病の原因になる
      口呼吸だと、口内が乾燥します。口内が乾燥して唾液の分泌量が減ると口の中を自浄する力、殺菌する力が低下して虫歯や歯周病にかかりやすくなります。また、口臭の原因にもなります。

      ・睡眠時無呼吸症候群
      口呼吸をすると舌の位置が後方になって、気道をふさぎやすくなります。口呼吸をしているといびきをかきやすくなり、睡眠時無呼吸症候群になるリスクが高まります。

      ・口元のたるみ
      いつも口を開けていると、口を閉じるために必要な口輪筋が衰えます。口輪筋の衰えはほうれい線やたるみの原因にもなります。

      口呼吸になる原因

      赤ちゃんがおっぱいを飲むときは鼻呼吸をしていないと飲めません。人間はみんな生まれた時は鼻呼吸をしています。しかし、小さいときに鼻づまりなどが原因で口呼吸をするようになるとその習慣が残ってしまうことがあると言われています。また、大人でも花粉症などの鼻炎などで鼻づまりが原因で口呼吸をするとそのままになってしまう人もいます。肥満なども首回りに脂肪がつき、空気の通り道がせまくなって口呼吸の原因となる人もいます。

      鼻呼吸に戻そう!

      口呼吸が癖になってしまっている場合、意識して鼻呼吸をするようにしましょう。ちょっと意識するだけでもちがいます。

      ・普段から唇を閉じて鼻呼吸を意識するようにする
      ・口の周りの筋肉を鍛えて口を閉じやすくする
      ・口の周りを動かす体操をする
      ・眠るときに、鼻だけだして口にマスクをする


      中性脂肪が気になる方に

      0

        中性脂肪とは

        健康診断を受けて、中性脂肪の数値が気になるという方は少なくありません。中性脂肪はおなか周りに存在する皮下脂肪そのものです。エネルギーとして使用されるのは糖分ですが、糖分が不足する場合、中性脂肪がエネルギーとして使用されます。反対に、エネルギーとして利用されなかった糖分は肝臓で中性脂肪となります。
        中性脂肪の値が高いと肥満になりやすく、生活習慣病のリスクがあがります。そのため、メタボリックシンドロームの診断基準のひとつとして中性脂肪の数値があげられています。

        中性脂肪を減らすには?

        身体を動かすエネルギー源として使われる糖分があまると中性脂肪になります。この原因として、普段からの過食や過飲によるエネルギーのとりすぎ、運動不足によるエネルギー消費不足があげられます。 自分の生活習慣を振り返って、食べすぎや飲みすぎが気になる方、運動不足が気になる方は自分の食生活や運動習慣を見直してみましょう。

        食事を見直す際のヒント

        中性脂肪を増やす食品

        ●糖質の多い食品
        エネルギー源として吸収されなかった糖質は肝臓で中性脂肪となります。

        ●お酒
        中性脂肪の合成を促します。

        ●脂質の多い食品

        この三つの食品をとりすぎている自覚のある方はご用心。中性脂肪=脂質という考えで油ものを急激に減らそうという方もいらっしゃいますが、実は、甘い飲み物、果物の食べすぎで中性脂肪が上がっている方も多いのです。とくに、いつの間にか糖質を沢山摂ってしまうことになるのが清涼飲料水です。炭酸飲料や甘いジュース以外でも、健康によさそうに思える、ヨーグルトドリンク、スポーツ飲料、100%果汁のジュースなどにも多くの糖分が含まれています。
        また、果物も食物繊維やビタミンが多いのですが、果物に含まれる果糖は吸収が早く中性脂肪になりやすい糖分です。どちらも摂りすぎに気をつけましょう。

        間違った食事療法に注意しましょう

        【極端な糖質制限】
        先ほど糖質の摂りすぎに注意といいましたが、糖質を全く摂らないのも問題です。糖質は分解されてエネルギーになりますが、このエネルギーが身体を動かす力になります。極端に糖質をカットすると意識障害などが起こる可能性があります。あくまで、「食べすぎに注意」することを心がけましょう。

        【油や脂質を完全にカットする】
        糖質と同じように、油を完全にとらない食事もよくありません。毎日揚げ物を食べる、高脂肪のクリームやトランス脂肪酸を含むマーガリンなどを大量に摂るというような食生活をするのは危険ですが、魚の油に多く含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)などの油には中性脂肪を減らす働きがあるといわれています。油は完全にカットするのではなく「良質な油」を適度に摂るのが大切です。

        【コレステロールを全くとらない】
        悪玉コレステロールが身体に増えると、血液がどろどろになって、脳梗塞などを引き起こすといわれています。しかし、このコレステロールは細胞膜の材料なるもので、身体にはなくてはならないものです。

        健蘇社おすすめ商品

        まぐろのチカラ粒【機能性表示食品】

        【機能性関与成分】:「DHA&EPA」
        【届出表示】:本品にはDHA・EPAが含まれます。DHA・EPAには血中の中性脂肪の値を低下させる機能があることが報告されています。

        人気のDHA・EPAサプリメント「まぐろのチカラ粒」がリニューアル!こちらの商品は機能性表示食品となったことで「中性脂肪を減らす」と表示することができるようになりました。
        魚を食べる習慣が減り、魚からのDHA・EPAの摂取量が減ってきています。DHA・EPAを積極的に摂取すること、継続して食べることにより中性脂肪を減らす効果が報告されています。サプリメントを上手に利用しながらDHA・EPAを補って、健康維持にお役立てください。
        まぐろのチカラ粒の販売はこちら


        健康寿命―楽しく人生をすごそう

        0

          平成29年度の日本人の男性の平均寿命は81.09年、女性の平均寿命は 87.26年となっています。これは世界でも男性が三位、女性が二位とトップクラスの寿命の長さです。この「平均寿命」にたいしここ数年「健康寿命」というものが注目されるようになってきました。

          「健康寿命」というのは、『介護や人の助けを借りずに起床、衣類の着脱、食事、入浴など普段の生活の動作が1人ででき、健康的な日常が送れる期間』のことをいいます。平成28年度時点での健康寿命は男性が72.14年、女性が74.79年となっており、平均寿命とは十年前後の開きがあります。楽しい人生を送るには、心も身体も健康であることが重要です。これからは健康寿命ををのばすことを意識していく必要があります。

          健康寿命を延ばすには?

          健康寿命を延ばすには、まず心身ともに健康でなくてはなりません。健康を妨げる要因として大きなものに生活習慣病があります。年をとるに従って体力や筋力などが落ちてくるのは仕方のないことですが、生活習慣病はちょっとした毎日の習慣で予防をすることができます。

          生活習慣病の予防

          【適切な食生活】
          適正な質と量の栄養をバランスよく、規則正しく取ることは健康的な生活の基本です。食生活の乱れは生活習慣の乱れを招き、栄養不良は子どもの成長不良や高齢者の衰弱の一因となります。

          【禁煙】
          たばこの煙にはニコチン、タール、一酸化炭素など多くの有害物質が含まれています。また、たばこは吸っている本人だけでなくたばこから出る副流煙によって周りの人にも害を及ぼします。副流煙を自分の意思とは関係なく吸い込んでしまうことを受動喫煙といい、受動喫煙は社会的問題にもなっています。現在たばこを吸われている方には、自分のためにも周りのためにも禁煙をおすすめします。は子どもの成長不良や高齢者の衰弱の一因となります。

          【適度な飲酒】
          アルコールの取りすぎは肝臓だけでなく、全身に影響が及びます。厚生労働省は、適度な飲酒量を、1日平均純アルコールで20g程度(ビール中瓶1本、日本酒1合、チューハイ350ml缶1本、ウイスキーダブル1杯)としています。禁酒が無理という方は飲酒量を守って適度に楽しみましょう。

          【適度な運動】
          趣味を楽しんだり、外出したりと楽しく活動するためには、いくつになっても歩ける丈夫な足腰が必要です。そのためには、若いうちから運動習慣をつけることが大事です。疲れるまで運動しなくても、ちょっとしたウォーキングやストレッチなども運動のうちです。また、普段の生活でも、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使う、近所に出かけるときは歩くなど身体を動かすチャンスはたくさんあります。

          【十分な睡眠】
          適正な食事と運動習慣、そして休養が健康維持には不可欠です。休養をとるには睡眠が大変重要です。ただやみくもに寝るのではなく、規則正しい時間に睡眠をとることで体内時計が整い、ホルモン分泌など体調が調整されます。

          【歯・お口の中を大切に】
          歯が悪くなってしまうと食べる意欲がなくなってしまい低栄養をまねきます。また、近年では歯周病が脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などさまざまな身体の病気に影響を及ぼしているとも言われています。毎日の歯磨きで口を清潔に保ちましょう。喫煙者は歯周病にかかりやすいというデータもあります。歯周病予防という面からみても禁煙は推奨されてます。

          心の健康も大事です

          健康に生活することは、身体だけではありません。心の健康も含まれます。また、心の健康は身体の健康に大きな影響を与えます。現代はストレスが多い時代だといわれています。もちろん、日常生活を送る上でストレスを避けて通ることは難しいです。

          【人とのつながりを大切に】
          人と人とのつながりは、精神面だけでなく、健康にも影響を及ぼします。一緒に食事をしたり、話したりすることが、ストレス発散にもなり、元気をもらうことにもなります。人に会うために健康でいなくてはという心の張り合いにもなり、心の健康と身体の健康がお互いに相乗効果をもたらします。


          きのこを食べよう!

          0

            きのこのよいところ

            【食物繊維が豊富!で低カロリー!】
            水溶性食物繊維の性質のおかげで、水分を含んでふくらむため少量でもおなか一杯になります。また、食べ過ぎても低カロリーなので安心。もりもり食べましょう。

            【ビタミンB,ビタミンDが豊富!】
            きのこにはビタミンB群が豊富。また、きのこに太陽の光にあてることでビタミンDが生成されます。ビタミンDはカルシウムの吸収を高めるビタミンです。骨粗しょう症の予防にもなりますので、干しシイタケなどを上手にとってビタミンDをたくさんとりましょう。

            【多種類のミネラルを含みます】
            ミネラルは微量でも骨や体をつくる大事な栄養素です。キノコ類は多種類のミネラルを含み、ナトリウムを体外に排出する働きをもつカリウムが特に多く含まれています。

            【葉酸を含みます】
            葉酸は、ビタミンB群の一種で、胎児の初期の発育に必要な栄養素であることから妊婦さんに接種が推奨されています。妊婦さん向けの葉酸サプリなどもありますが、普段からきのこをとっておくのがおすすめです。また、赤血球の形成にもかかわるため貧血予防にもよいといわれています。

            【必須アミノ酸が豊富】
            キノコはアミノ酸も豊富。健康食品でよく見かけるオルニチンも、ブナシメジなどはしじみの5倍近く含まれています。

            【βグルカンも豊富】
            βグルカンは、免疫力を活性化するといわれていますが、きのこにはこのβグルカンも豊富に含まれています。

            きのこをいつでもおいしく食べる

            栄養豊富なきのこですが、鮮度が落ちやすく日持ちしないという一面も。保存するときは冷蔵庫に入れるのではなく、冷凍がおすすめです。きのこは冷凍すると酵素の働きによって、加熱後の香りや旨味が増すといわれています。たくさん買ってきたときには、その日に使う分と一緒に下ごしらえだけ済ませて冷凍してしまいましょう。後でお料理をするときにもとても便利です。どのきのこも保存の目安は約一か月ほどです。お休みの日に一週間分をまとめて下ごしらえしておくととても便利です。

            【しいたけ】
            軸をとって冷凍用の保存袋に入れ、空気を抜いて冷凍庫で保存します。(スライスしてもよいですが、しいたけは冷凍していてもスライスできるので、しいたけだけで保存するときは軸を取るだけでも大丈夫です。軸はその日のうちにお味噌汁やスープの出汁に使うといいですよ)

            【マッシュルーム】
            軸がついたまま薄切りにして(軸が黒くなっていたら取ります)冷凍用の保存袋にいれて密封し、冷凍庫で保存します。

            【しめじ・えのき】
            いしづきを取ってほぐし、冷凍用の保存袋に入れて冷凍庫で保存します。(しめじやえのきなど、かたまっているものは、ほぐして入れておいたほうが後で使うときに楽です)

            【ミックスきのこ】 お好みで色々なきのこをミックスして冷凍しておくと、炒め物やお味噌汁の具材、炊き込みご飯など色々なお料理に使えるので便利です。
            下ごしらえは上記と同じ、しいたけだけは軸を取った後薄切りにして混ぜましょう。一回分ずつ冷凍用の保存袋に入れて密封し、冷凍庫で保存します。

            きのこは値段が安定しているため、野菜が高い時期の強い味方となってくれます。低カロリーなうえ、栄養豊富でとても頼もしい食材であるきのこ、積極的にとるようにしていきたいですね。

             


             


            | 1/20PAGES | >>

            PR

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << June 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM